雀龍門 レーティング

レーティングとは?

雀龍門の中だと、「雀力」というか麻雀のウマサ、強さを表すのにレーティングというものを採用しています。もともとは東風荘で始めた仕組みですが、多くのオンライン麻雀に浸透していきました。

 

この仕組みは、雀龍門の中での相対的な評価になっていて、公式戦の4人卓でプレイをして勝負に勝つとレーティングが上がる仕組みになっています。なのでレーティングが高いほうが強いプレイヤーということが一般的にいわれています。

 

雀龍門のレーティングを上げるには、公式戦4人卓で勝つのはもちろんですが、他の3人のレーティングによって加算されるポイントが計算されます。つまり他の3人が自分よりレーティングが高い人ならば、買った時の加算ポイントが多く入るし、

 

自分よりも格下の相手に勝ってもレーティングはそれほど上がらないということですね。

 

雀龍門のレーティングでは測れない本当の強さとは

いくら麻雀ゲームのレーティングが高くても、本当に強いかどうかはわかりません。あくまでゲーム内の相対的な評価ということですし、所詮ゲームですよね。

 

本当に自分の強さを確かめたいなら「賭け麻雀」をすれば如実に現れます。本来の自分の打ち方。麻雀はその人の人生が反映されるといいますけど、それは「賭け麻雀」だからこその、自分のお金をリスクにしたギャンブルだからこその話ですね。